事務処理が効率よくできる!オフィスソフトのVBAとマクロ

プログラミング言語の中には開発しやすいもの、学習しやすいものがあり、その元祖はBASICであり、現在のVisual Basicにも当てはまります。

Visual Basicを開発したのはマイクロソフトで、同社はWindowsをはじめとするソフトウェアを開発し、WordやExcelなどのOfficeでも有名です。

Officeの機能を拡張するために、それぞれのアプリにはマクロという機能があり、処理の自動化を行うためにマクロが使用されます。

ビジネスシーンではあらゆる書類の作成やデータの管理が行われており、そのためにOfficeが使用されることが多く、一定の処理をマクロとして登録することで、処理が自動的に行われます。

作業の効率化を進めるうえでは、マクロは優れた機能であり、それをうまく使いこなせれば、事務作業がやりやすくなります。

マクロを実装するために、マイクロソフトはOfficeの機能を拡張させるために、同社のVisual Basicをアプリ内で実装できるように、VBAという言語を開発しました。

VBAの主な目的は、Word・Excel・Accessなどのアプリケーションの機能を拡張・カスタマイズできるようにすることで、事務処理のあらゆるシーンで使用されています。

最初からOfficeが搭載されているパソコンには、最初からVBAが使用できるようになっており、専用のテキストも多く販売されているので、初心者でも始めやすい言語の1つです。

アプリケーション内で設定すれば、マクロやVBAが使用できるようになるので、Visual Basicと同様にわかりやすい構文で、プログラムを作成することができます。

従来の言語では実行するのに機械語に変換(コンパイル)する作業を行いますが、VBAの場合は自動で書いたコードが実行できるので、すぐに動かすことができます。

VBAの用途は、毎日情報を更新しなければならない場合、いちいち手入力するのが従来のやり方ですが、自動でソフトを動かして処理できるようにさせることが可能です。

プログラミングの知識が少ない人でも、ある程度の業務の自動化ができるので、処理時間の短縮にもつながり、記録と再生を使いこなせるようにもなります。

VBAでは、最初から使える関数だけでなく、自分で定義した関数(ユーザー定義関数)を作成することもでき、この多様性が作業の効率化にもつながります。

関数を作れるだけでなく、ユーザー独自のフォームを作成することも可能で、オリジナルの処理をすることで社内の情報処理が容易にできます。

ExcelでVBAを使用する場合、ワークシートやセル、グラフなどに対するプログラムが作成でき、数値の計算だけでなく、文字の大きさやセルの色なども変えることもできます。

VBAは簡単に使用することができますが、それが裏目に出て、VBAで作成したプログラムを悪用するといった事例もあり、マクロウイルスによる被害を受けるといったことがあります。

初心者でも使いやすい!VisualBasicの使い方

プログラミング言語には、簡単で分かりやすい言語があれば、様々な用語が出てきて難しい言語もあり、そのタイプは言語によって様々あります。

今回のVisual Basicは前者にあたり、初心者でも学習しやすい構文になっており、Visual Studioを使用することで、簡単にアプリケーションを作成することができます。

Visual Basicは1990年代にマイクロソフトが開発したもので、それ以前に使用されてきたBASICをもとにつくられ、現在はVisual Basic.NET(VB.NET)として公開されています。

元祖となったBASICは、初心者向けのプログラミング言語として開発された経緯があり、Visual Basicもその流れをくんで、初心者向けの言語として使用されています。

まずはBASICをもとに、マイクロソフトがQuickBASICが開発され、それを拡張するようにVisual Basicが開発されました。

初心者向けの学習用プログラミング言語という印象がありましたが、実際はビジネスシーンでも使用されることがあり、幅広い用途で使用されています。

Windowsで使用するアプリケーションを開発する際は、C言語やC++が使用されてきましたが、Visual BasicやC#を使って開発されるようになり、開発の幅が広がりました。

言語の仕様は、影響を受けたBASICに構造化プログラミングの機能が追加されており、オブジェクト指向に近い概念も取り入れられ、開発の多様性も向上しています。

後継のVB.NETになってからは、.NETによる開発ができるようになり、Visual Studioを使用して様々なアプリケーションを作成することができるようになりました。

2001年から現在の仕様になり、その後は何度か仕様の変更はありましたが、,NETの活用により様々なシーンで使用されています。

VB.NETになってからは、オブジェクト指向の機能が追加され、Visual C#やVisual C++との連携もできるようになり、Windows用のアプリの開発で現在でもサポートされています。

この言語のサポートはマイクロソフトが行っており、仕様の変更などはすべて同社が行い、数年ごとに新バージョンが公開されます。

アプリケーションを作成するときは、フォームの設計が簡単に行うことができ、Visual Studioにおいてメッセージボックスの出力や入力した値の適切な処理が容易に行えます。

プログラムは、フォーム上に設置したボタンなどに実装することができ、簡単な構文でテキストボックスなどに入力した値の処理を記述し、実際にボタンを押したときに実装できるようになっています。

Webアプリケーションやモバイル用のアプリケーションも作成することができ、簡単な構文でプログラミングができるので、これらのアプリも簡単にできます。

興味のある人はVisual Studioをインストールすることから始める必要があり、初めてのプログラミングはVB.NETがおすすめです。

仮想マシン上で動く!幅広く利用される言語Java

オブジェクト指向は、現在のプログラミングにおいてよく使用されている手法で、様々なプログラミング言語でオブジェクト指向が応用されています。

そんなオブジェクト指向ができる言語の中でも、Javaは多くのプログラマーから支持されており、様々なシステムでJavaが使用されています。

JavaはC言語などの影響を受けて開発された言語であり、以前の様々な言語からいい部分を引き継ぎ、欠点を補うためにJavaが使用されています。

Javaは仮想マシン上で動かすことができるため、WindowsなどのOSやデバイスを問わず、様々なシステムの開発に最適だといわれています。

Javaの構文はC言語やC++から多くを引き継ぎ、オブジェクト指向はObjective-Cなどと同様の簡潔なものを採用しています。

汎用性の高さはC言語と同じで、組み込みシステムからスマートフォンのアプリまで、様々なシステムに使用され、デバイスを問わずプログラマーが開発に使用しています。

Javaや開発に使用されるプラットフォームは、1995年にサン・マイクロシステムズ社が開発し、現在は同社を買収したオラクル社によって、仕様が管理されています。

Javaで開発を進めるには、専用の開発環境を用意する必要があり、実際にJavaのプログラミングにはJava開発キット(JDK)を使用します。

Javaはクラスベースでオブジェクト指向が機能しており、プログラムは複数のクラスで構成されており、各クラスが実装したオブジェクト間でメッセージのやり取りをするようになっています。

Javaはメモリ管理も行えるようになっており、Java仮想マシンに実装されているガベージコレクションによって、メモリの負担を抑える役割があります。

Javaは他の言語と比べると大きな批判がなく、サン・マイクロシステムズ社(現在はオラクル社)やJavaの管理にかかわる人たちによって、改善できるところは改善を行っています。

Javaという名称は、他の言語にJavaScriptがありますが、これはJavaとは関係なく、構文がJavaと同様にC言語やC++と似ているために、このような名称になっています。

Web技術でも応用できるように、現在のオラクル社では、Webプログラミングができるように、ブラウザではJavaアプレット、サーバーサイドではJavaサーブレットが公開されています。

これにより、Javaの技術を使用したWebアプリケーションが多く公開されており、動的なWebページを作成するために使用されています。

様々な場面でJavaが使用されていますが、それぞれの用途に対応したJavaが公開されており、組み込みシステム向けのJavaもあります。

携帯電話やスマートフォン、タブレットなどにJavaの実行環境が実装されていることが多く、特にスマートフォンではアプリケーションの開発にも使用されています。

マイクロソフトが開発!C#と.NETの関係性を知る

コンピューターを語るうえで、よく耳にする会社といえばマイクロソフトであり、皆さんも知っているWindowsをはじめ、様々なソフトウェアの開発をしています。

WindowsのようなOSをはじめ、Officeなどのソフトウェアを開発しているマイクロソフトですが、実は現在でも使用されているプログラミング言語も開発していました。

今回のC#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、2000年に同社から公開され、現在でも同社製品を中心に開発言語として使用されています。

C#は様々な性能を持ち、オブジェクト指向をはじめ、命令型や宣言型、手続き型や関数型など、あらゆる性能を持った優れた言語なのです。

その名前から、構文がC言語のようなものになっており、所見ではJavaに似ている言語とも言われ、C言語やJavaなどをやっていた人なら、取得しやすいかと思います。

多次元配列などの機能を多く持ち、ガベージコレクションなどによる実行の高速化が実現されており、様々なシステムを作るうえで最適な言語の1つです。

マイクロソフトでは.NETという開発環境も公開されており、.NETを活用したシステムの開発に向いており、Webシステムでも応用されるようにもなっています。

マイクロソフトでは「Visual Studio」という開発ソフトがあり、その中で開発するものは「Visual C#」と呼ばれるようになっています。

同社の統合開発環境により、共通言語仕様に準拠したVisual BasicやVisual C++と相互に連携できるようにもなっています。

C#はC言語やC++と比較して、様々な点で改良や制限が行われており、すべての関数がクラス内で宣言されるなどの特長があります。

部分型の設定により、クラスや構造体を定義する際に個別に定義できるようになり、partialから始まる文で宣言を分割することができます。

変数の宣言にはvarという言葉が使用され、varから始まる文で変数を定義することができ、ローカル変数を活用させるのに役立ちます。

.NETはマイクロソフトの開発を支える仕組みで、WindowsアプリケーションやWebアプリケーションを作成するうえで、効率よく開発ができます。

その.NETフレームワークとの相性がいいのがC#で、Visual Studioで開発するためには、Visual C#というものを使用します。

Windowsフォームアプリケーションを作成するのに最適で、Visual C#はこのアプリケーションを作るときにいい学習手段となり、簡単なものから難しいものまで、様々なタイプのアプリが作成できます。

Visual Studioならフォームのテキストボックスの配置やサイズの変更が簡単にでき、C#での開発がしやすくなるので、初めての人でもやさしく開発できます。

Visual C#なら、スマートフォンアプリの開発もできるようになり、様々なタイプのアプリを作成するのにも、Visual Studioと一緒に使用すれば、効率よく開発できます。