アップルの製品に使用される!Objective-Cの使い方

プログラミング言語はC言語に影響された言語が数多くあり、C言語はもちろんですが、その他の影響された言語も多く使用されています。

プログラミングの機能向上により、オブジェクト指向の考え方が登場するようになってからは、プログラミングのしやすさや機能の良さを向上させる言語が登場しました。

今回のObjective-Cもその言語の1つで、C言語をベースにオブジェクト指向の機能を持たせた言語になっており、現在でも使用されております。

Objective-Cは主にアップルのMacOSを開発する言語として使用され、現在ではMacOSやiOSで使用されるアプリケーションの開発に使用されています。

Objective-Cの特長は、C言語をオブジェクト指向ができるように拡張したと思われますが、Cで書かれたオブジェクト指向システムを制御できるようにした言語という見方があります。

関数の定義と呼び出し方が独特で、同系の言語であるC++と比べればC言語とはかけ離れた機能ですが、仕様に関してはC言語に準拠したものになっています。

Objective-Cは1983年に開発され、当時はマイナーな言語でしたが、1985年にアップルコンピューター社を退社したスティーブ・ジョブズ氏に注目され、彼が創立した新会社(NeXT社)のコンピューター製品に使用されるようになりました。

それ以降はObjective-Cの名前が知られるようになり、後にジョブズ氏がアップル社に復帰した際は、NeXT社をアップル社が買収し、2001年に誕生した「MacOS X」のコアに使用される言語となりました。

その後は言語の仕様が変更され、Objective-C2.0と呼ばれるようになり、2008年にiPhoneが登場してからは、この言語のプログラマー人口が増えるきっかけになりました。

Objective-Cはメッセージ送信が可能な言語で、メソッド(関数)を呼び出す際にはこの方法が使用され、引数の付いたメッセージを送ることもできます。

クラスを定義する際は定義部と実装部に分かれており、定義部は.hファイルに、実装部は.mファイルに記述するのが基本となっています。

メソッドにはクラスメソッドとインスタンスメソッドの2種類があり、クラスメソッドはインスタンスメソッドの操作に使用され、インスタンスメソッドはインスタンスオブジェクトにメッセージ送信した際に起動します。

Objective-C2.0になってからは、ガベージコレクションやプロパティの導入、プロトコルの強化などの言語仕様の変更が行われました。

ガベージコレクションの導入により、プログラムを稼働させるためのメモリの管理が自動的にできるようになり、性能向上にもつながりました。

プロパティの導入は、C#などにも導入されているプロパティを使用できるようにしたもので、アクセスのしやすさや手続きの簡略化などができるようになりました。

汎用性の高い言語!多くの言語が影響を受けたC言語

プログラミングでは専用の言語が使用されており、システムを使用する環境によって、使用される言語が決まっていき、各言語の特性を理解しながらプログラムを書いていくことになります。

そのプログラミング言語の中で、多くの言語に影響を与えた言語があり、現在でも使用されているC言語というものがあります。

C言語が登場したのは1972年、AT&Tベル研究所のデニス・リッチー氏を中心に開発され、C言語は文書などによっては単に「C」と呼ばれることもあります。

C言語は手続き型のプログラミング言語であり、アセンブリ言語などの影響を受けて開発され、後にC++やJava、Objective-Cなどの言語に影響を与えます。

C言語の特長は、汎用性が高く、プログラミングに自由度があり、目的に応じた拡張が可能なことで、ソフトウェアの作成や機械のコントロール、ゲーム開発などに使用されます。

パソコンで動かせるシステムが作れるのはもちろんですが、自動車や家電などの組み込みシステムなどにもC言語が使用されており、あらゆる機器に対応できます。

C言語を使用するプログラマーは多く、プログラミングを学習する人はこの言語を学習して基礎を身につけることがあり、良い面でも悪い面でもプログラマーへの影響力は強いです。

C言語は汎用性が高いですが、古い言語であるがゆえに機械語の影響が強く、文法の特長から取得しにくい言語でもあり、問題点も多くあります。

C言語の自由度は、文法においては区切りに「;」を使用し、コードのわかりやすさを明確に示しており、プログラムを戻り値の付いたサブルーチン(関数)を作成することができ、これらのポイントが他の言語にも影響しています。

C言語ではmain関数がよく使用され、プログラムの開始直後に実行されるのは主にmainの要素で定義するようになっています。

C言語は様々な用途に使用できますが、アセンブラのような処理ができるようにもなっており、シフト演算などの機能があり、ハードウェアの操作に関わるような処理も可能です。

C言語は1980年代のパソコンの普及によって、従来使用されてきたBASICに代わって使用されるようになり、性能の向上にもつながり、プログラマーの数も増えました。

学習が広まったのは1990年代に入ってからで、最初に学習するプログラミング言語として注目され、幅広く使用されるようになりました。

プログラミングの性能も向上するようになり、オブジェクト指向が注目されるようになり、C言語から発展したC++をはじめ、JavaやPHPなどのプログラマーも増えていくようになりました。

現在のように様々な言語が使用されているのはC言語がきっかけで、C++やC#などはC言語の移植性を生かした言語でもあります。

フリーソフトウェアの開発や家電などの組み込みシステムの開発でも使用され、現在のIT産業を大きく支えている言語でもあります。

ゲーム好きなら知っておきたい!ゲームプログラミングの考え方

プログラミングは、様々な目的で使用されるシステムの開発をするため、プログラミング言語を使用して開発を行います。

皆さんが日ごろからプレイしているゲームにおいても、開発する際にプログラミングが行われており、実際にキャラクターが動かせるように設計されています。

3Dを活用したゲームも登場しており、ゲームに関する技術も向上しているので、最新の技術が使いこなせることも、ゲームプログラミングでは重要になります。

ゲームプログラミングは、ゲームの企画から始まって、キャラクターや風景などのデザインを行い、操作するキャラクターが動けるようにプログラムを作成し、テストしたうえで、公開されるようになります。

ゲームプログラミングは、ゲームソフト(アプリ)を開発するだけでなく、各ゲームで使用されるライブラリー(ゲームエンジン)やゲーム制作ツールなどの作成も含まれ、その目的は多岐にわたります。

ゲームの開発をする際は、ゲーム作品自体を開発するだけでなく、補助ツールの作成も含まれることもあり、多くのプログラマーが制作にかかわっています。

ゲームプログラミングは、基本的なプログラミングの学習をする際にも、簡単なゲームを作成して、プログラミングの基礎を理解してもらうことにも役立っています。

ゲームのキャラクターの動きや場面の変更などができるようにするには、プログラマーがプログラムを作成しなければならず、もちろんプログラミング言語が使用されます。

プログラミング言語は、ゲームプログラミングではどの言語を使用してもいいのですが、ゲーム開発に向いている言語がある程度決まっているようです。

コンピューターの性能が進むにつれて使用される言語が変わり、最初はアセンブリ言語が使用され、性能が上がるとC言語が使用され、さらに処理能力が上がるとC#やJava、C++なども使用されます。

ゲームをプレイするOSやデバイスなどによって、開発環境や言語に違いがあり、どの環境下でプレイするかによって、それに応じた言語の学習をしなければなりません。

インターネット上でプレイできるゲームもあり、それらのゲームではPHPなどのWeb開発に関する知識も使用され、オンラインゲームが多く出回るようになりました。

ゲームプログラミングでは、使用する言語だけでは入出力がしづらいものがあり、入出力をするための装置が必要になり、それはAPIと呼ばれています。

APIは使用する環境下での動作を補助する役割があり、ゲームに特化したAPIも公開されており、ゲーム開発においてはよく使用されています。

マイクロソフトでは、ゲーム開発に特化したAPIとして「DirectX」が公開されており、マイクロソフト製品で使用できるゲームの制作に使用されています。

マイクロソフトといえばWindowsですが、ゲーム機のXboxも同社の製品で、Xboxシリーズの機器で使用できるゲームの開発には、DirectXがおすすめです。

ネット上で動くアプリを作るなら!Webプログラミングの考え方

情報システムの中には、様々な環境で機能するシステムがあり、どの環境で使用するかによって、使用されるプログラミング言語が決まってきます。

インターネットを通じて使用されるシステムを開発するなら、Webに関する知識が必要になり、Webシステム開発のための学習が大事になります。

インターネットは、ブラウザを通じてホームページを見ることが主な目的になり、まずはホームページが作成できるようになる事が前提になります。

ホームページの作成はHTMLというマークアップ言語の知識が必要で、それを見やすいようにデザインするにはCSSの知識も必要です。

HTML・CSSを使用するだけならWebデザイナーやWebクリエイターと呼ばれますが、それにプログラミングができればWebプログラマーやWebエンジニアなどと呼ばれます。

Webプログラミングでは、サーバーサイドで動かすか、ブラウザ上で動かすかによって、使用される言語が異なり、単に動きのあるものなら後者の学習がメインになるでしょう。

ブラウザ上で動く仕組みを作成するなら、JavaScriptなどの言語を使用することになり、ホームページが動的に変化できるようになります。

ホームページ作成の仕事をしている人なら、依頼者から動きのあるものを依頼されたら、JavaScriptの知識が必要になるでしょう。

JavaScriptは関数を使用する機会が多くなり、これをうまく活用するならjQueryなどのライブラリーも使用することができ、さらにプログラミングの知識が理解できます。

サーバーサイドで動かすWebシステムなら、Webサーバー内に大量のデータを保存しておき、ユーザーが見られるようにプログラムを作成しないといけません。

サーバーサイドの言語ならPHPなどの言語があり、これらの言語を生かしてプログラムを作成し、サーバー上で動かせるようにします。

PHPなどはデータベースとの関連性が深く、大量のデータを活用する際にはPHPなどの知識が理解できないと、Webシステムがつくれません。

言語の知識のほかに、Flashなどのソフトウェアの活用や、サーバーを使用するならネットワークやセキュリティなどの知識が必要になります。

大規模なシステムを使用するなら、サーバーサイドで動く仕組みとブラウザ上で動く仕組みの双方を作成していかなければならず、Webプログラミングを総合的に学習しなければなりません。

開発環境が重要になり、サーバーサイドのプログラミングなら、CGIやJavaサーブレット、.NETなどのことも理解し、それぞれに合った言語で開発します。

CGIなどはフレームワークというもので、実際にシステムを開発・稼働させていくために必要になり、Webプログラミングでは重要になります。

ブラウザはHTMLなどで作成した文書を見るためにあるもので、サーバーサイドの言語で作成したものはそのままで見ることは難しく、事前の設定が必要になります。