Webプログラミングを始める前に!学習すべきHTML・CSS

プログラミングは目的に応じて、使用する言語が決まり、WebにおいてはJavaScriptやPHPなどの言語を学習しなければなりません。

しかし、Webプログラミングではこれらの言語だけを学習すればいいわけではなく、その前提となるホームページの作成ができなければなりません。

ホームページを作成するときは、HTMLとCSSの2つの言語が使用され、Webデザイナーなどはこれらの知識を学習したうえで仕事を行っています。

これらの言語は、他の言語のようなデータに対する処理を目的としておらず、あくまで文書の作成や装飾がメインなので、プログラミング言語とは異なります。

しかし、JavaScriptやPHPなどの学習をするうえでは、HTML・CSSの学習は必須になり、今後Webプログラミングを始める人は、最初にHTML・CSSを学習しましょう。

ホームページを構成するHTMLは、マークアップ言語の一種であり、タグを使用してホームページを表現するために記述されます。

HTMLでは、リンクの挿入や画像などのマルチメディアの取り込み、文章に見出しや文字の大きさや色の変更などができるようになり、タグを組み合わせて制作することが可能です。

タグの中に文章を入れていくようになり、タグの中にタグを組み込んで使用できるようになっており、いわゆる木構造による文書の作成になります。

最初にhtmlタグを記述し、その中にheadタグとbodyタグを記述し、さらにそれぞれの中に要素を記述していき、ホームページを作成していくようになっています。

headタグの中には文書のタイトルなどを示す内容を書くことができ、titleタグで文書のタイトルを指定することができます。

bodyタグの中に記述する内容は、ホームページ全体を示す重要な部分であり、見出しや段落のタグを入れて文章を読みやすくしたり、タグを使って画像などを入れたりして、より見やすいページにしていきます。

HTMLだけでは、ホームページの内容が薄いものになってしまうので、それを補うためにCSSを組み込んで、装飾を加えて見やすくすることができます。

CSSはHTMLを表示するときの効果を指定することができる言語で、HTMLの各要素で大きさや色、表示する位置などを指定できます。

CSSはスタイルシートとも呼ばれ、CSSの構文はHTMLに直接書き込むことができ、HTMLとは別のファイルを作成してリンクさせることもできます。

HTMLとCSSのファイルを別にすれば、複数のページを作成した時に同じCSSファイルを使用すれば、すべてのページにその表示方法が適用されます。

HTML・CSSはプログラミング言語ではありませんが、Webプログラミングではこれらが活用され、様々なWebシステムがつくられるようになります。

HTML・CSSはパソコンのメモ帳などのテキストエディターで始めることができるので、初心者でもわかりやすく、習得できる言語でもあります。