シンプルで設計しやすい!行数を少なめで設計できるPython

プログラミング言語の学習をする際は、わかりやすいものがよく、そして何らかのプログラムが開発しやすいものの方が、学習するのに最適だと思います。

コードがシンプルで扱いやすく設計されているプログラミング言語として、Pythonという言語があり、プログラムを少ないコード数で記述できます。

文法をより簡素なものにして、読みやすく、書きやすく、プログラマーの作業の効率化とコードの信頼性の高さを求めて開発されたのが、このPythonです。

本体部分は必要最小限につくられており、大規模な文書やライブラリーが公開されているので、本体にない機能をその都度使用することができます。

Pythonは様々なOSやデバイスに対応しており、オブジェクト指向や関数型、命令型などのプログラムを作成することができます。

これらの特性を生かして、Webアプリケーションやデスクトップアプリケーションなどの作成ができ、幅広いシステムの開発に使われています。

プログラミングの作業が容易になるので、Pythonを使用している企業が多く、開発時間の短縮やコスト削減といった効果に期待できます。

Pythonは1991年に開発され、現在に至るまであらゆる機能を追加し、幅広いシステムの開発に応用されており、プログラマーの数も増えています。

Pythonの構文は、文頭にインデント(字下げ)を入れるのが特長で、これを入れることで処理が正確に進むようになり、適切な箇所でインデントを入れないと動かないことがあります。

インデントを入れることでわかりやすい構文となり、例えばIf文を記述した時には、どこからが分岐に対する処理なのかがわかるようになります。

Pythonでデータを入力する際は、動的にデータ型が決まるようになっており、値自体にデータ型があるというように定義されています。

Pythonはオブジェクト指向のプログラミング言語であり、扱えるデータのすべてがオブジェクトというかたちになり、すべての値が型を持っているということで、オブジェクト指向のプログラムが書けるようになります。

Pythonはライブラリーが充実している言語で、「電池が付属しています」の思想を持ち、プログラマーがすぐに使用できるライブラリーも公開されています。

ライブラリーには、正規表現ができるもの、データベースに接続できるもの、画像処理を目的としたもの、科学などの数値分析ができるものなど、多岐にわたります。

Pythonは多くの企業で使用されており、マイクロソフトやアップルをはじめ、GoogleやYahoo!などでも開発に使用しており、特に欧米の企業でよく使われています。

また、教育用としてPythonが使用されることがあり、プログラミングの学習でもそのわかりやすさから、実際にプログラムを書くときに使用されているのです。

わかりやすさや開発のしやすさから、Pythonが多く使用されているので、初めてプログラミングを学習するなら、この言語はおすすめです。

Webシステム開発に使える!サーバー上で動くPHP

Webアプリケーションを開発するなら、Webプログラミングの学習をしなければならず、ホームページの作成から始まり、プログラムが作成できるようにしなければなりません。

HTML・CSSと合わせて使用する言語として、JavaScriptがありますが、この言語はブラウザ上で動くもので、動的はホームページの作成に向いています。

これよりも本格的なWebアプリケーションを作成しようと思えば、サーバーで動くプログラムが作成できればよく、JavaScriptではできない処理もできるようになります。

そんなことができるプログラミング言語としてPHPがあり、Webサーバー内にプログラムを保存しておけば、サーバーサイドで動的なホームページが作成できます。

PHPはオープンソースのプログラミング言語で、サーバーサイドで動くスクリプト言語として、ホームページ内で組み込んで使用します。

PHPの構文は比較的容易な文法となっており、初心者でも習得しやすく、大規模なWebシステムの開発でもPHPが使用されています。

バージョンが新しくなるにつれて、PHPのライブラリーやフレームワークが開発されるようになり、Webシステム開発がよりやりやすくなっています。

PHPの特長は、様々なWebシステムに対応できるような豊富な組み込み関数があることで、これらの関数を生かしながらプログラムを作成することができます。

文法はC言語やJavaに似ており、これまでにこれらの言語を使用してきた人なら、PHPの書き方が理解しやすくなり、プログラムが作りやすくなります。

サーバーサイドで動く言語ということもあり、データベースを活用したシステムを作成することができ、データベースへのアクセスがしやすくなっています。

構文の書き方は、HTMLに組み込んで記述する方法がよく行われ、書いた構文はサーバーサイドで動かせ、実際にブラウザで見るときはPHPのソースコードが見えません。

PHPのプログラムを実行させるにはWebサーバーが必要ですが、実際に用意できない場合は、レンタルサーバーを活用する方法があります。

また、ApacheなどのWebサーバーとも一緒に使用することができ、これらを活用して実際に動くかどうかを確かめることができます。

データベースを使用するプログラムを作成する場合は、MySQLなどのデータベース管理システムを使用し、Webサーバーと合わせて使用します。

PHPのプログラムの書き方は、HTMLで記述した文書の中に、「」で囲まれた部分に、PHPのコードを書いていきます。

変数は「$」で始まる文字列で宣言し、どんな型でも設定することが可能で、変数の値を出力する際は「echo」を使用します。

PHPはたびたび機能が追加され、ライブラリーも多く公開されているので、よりよいWebシステムを開発したいなら、これらの仕組みをうまく活用して、サーバーサイドのプログラムを作成していきましょう。

Webブラウザで動く!組み込んで実装するJavaScript

プログラミングの中では、Webプログラミングの方が学習しやすく、始めやすいものであり、メモ帳などのテキストエディターがあれば簡単にできます。

テキストエディターとWebブラウザがあれば、すぐにプログラムを作成して実行できるので、簡単に動的なホームページが作成できます。

特別な開発環境がなくできるので、HTML・CSSの知識があればホームページは自分たちで作成でき、これらに基づくプログラミング言語の学習も始められます。

それができる言語として、今回のJavaScriptがあり、HTML文書に組み込んで使用することで、ホームページに動きが加わります。

名前に「Java」とありますが、このJavaとは全く異なる言語であり、構文が似ていることなどから、このような名前になりました。

1995年に登場し、C言語やJavaなどの言語に影響されてできた言語で、Webアプリケーションの開発を目的に使用されています。

Webブラウザで実装されるので、動的なホームページの作成によく使われ、簡単なWebアプリケーションの開発に最適です。

JavaScriptはプロトタイプベースのオブジェクト指向の言語で、静的にクラスを定義せずオブジェクトを利用する言語になっています。

C言語のような手続き型の構文だと思われますが、処理を関数がサポートする性質を持っているので、関数型言語の特長も見受けられます。

ブラウザにもIEやChrome、Firefoxなどがあり、それぞれ仕様が異なっているので、実装するときに処理の動作に違いが見られます。

JavaScriptが開発されてからは、こうしたブラウザ間の互換性が確立され、2000年代からはGoogleやAmazonなどの大手企業がこの言語を積極的に使用するようになりました。

2005年には、JavaScriptの非同期通信を利用したAjaxを開発したことで、高機能な言語としてさらにJavaScriptが使われるようになります。

JavaScriptの構文は他の言語の影響を受けており、変数の宣言はvarから始まる文で行うことができ、分の終わりには「;」を使用します。

functionという単語がよく使われ、これにより関数を作成することができ、中に処理を記述することで、データを処理するためのオブジェクトができます。

JavaScriptではDOMという仕組みがよく使われ、HTML文書にアクセスするために使用されるもので、JavaScriptの言語仕様として機能しています。

JavaScriptには様々なライブラリーが作成されており、JavaScriptのコードを容易に記述しやすいように、一般に公開されています。

代表的なライブラリーにjQueryがあり、2006年より公開されており、JavaScriptのコードの軽量化を目的に使用されています。

このライブラリーを活用することで、CSSやDOMの操作などができるようになり、$関数を使用したコードでわかりやすく、簡素に記述することができます。

Webプログラミングを始める前に!学習すべきHTML・CSS

プログラミングは目的に応じて、使用する言語が決まり、WebにおいてはJavaScriptやPHPなどの言語を学習しなければなりません。

しかし、Webプログラミングではこれらの言語だけを学習すればいいわけではなく、その前提となるホームページの作成ができなければなりません。

ホームページを作成するときは、HTMLとCSSの2つの言語が使用され、Webデザイナーなどはこれらの知識を学習したうえで仕事を行っています。

これらの言語は、他の言語のようなデータに対する処理を目的としておらず、あくまで文書の作成や装飾がメインなので、プログラミング言語とは異なります。

しかし、JavaScriptやPHPなどの学習をするうえでは、HTML・CSSの学習は必須になり、今後Webプログラミングを始める人は、最初にHTML・CSSを学習しましょう。

ホームページを構成するHTMLは、マークアップ言語の一種であり、タグを使用してホームページを表現するために記述されます。

HTMLでは、リンクの挿入や画像などのマルチメディアの取り込み、文章に見出しや文字の大きさや色の変更などができるようになり、タグを組み合わせて制作することが可能です。

タグの中に文章を入れていくようになり、タグの中にタグを組み込んで使用できるようになっており、いわゆる木構造による文書の作成になります。

最初にhtmlタグを記述し、その中にheadタグとbodyタグを記述し、さらにそれぞれの中に要素を記述していき、ホームページを作成していくようになっています。

headタグの中には文書のタイトルなどを示す内容を書くことができ、titleタグで文書のタイトルを指定することができます。

bodyタグの中に記述する内容は、ホームページ全体を示す重要な部分であり、見出しや段落のタグを入れて文章を読みやすくしたり、タグを使って画像などを入れたりして、より見やすいページにしていきます。

HTMLだけでは、ホームページの内容が薄いものになってしまうので、それを補うためにCSSを組み込んで、装飾を加えて見やすくすることができます。

CSSはHTMLを表示するときの効果を指定することができる言語で、HTMLの各要素で大きさや色、表示する位置などを指定できます。

CSSはスタイルシートとも呼ばれ、CSSの構文はHTMLに直接書き込むことができ、HTMLとは別のファイルを作成してリンクさせることもできます。

HTMLとCSSのファイルを別にすれば、複数のページを作成した時に同じCSSファイルを使用すれば、すべてのページにその表示方法が適用されます。

HTML・CSSはプログラミング言語ではありませんが、Webプログラミングではこれらが活用され、様々なWebシステムがつくられるようになります。

HTML・CSSはパソコンのメモ帳などのテキストエディターで始めることができるので、初心者でもわかりやすく、習得できる言語でもあります。